こだわりのTシャツ

いよいよ夏本番になってきました。

暑い日々が続くと皆さん、服も軽装になります。

真夏の軽装での代表と言えば老若男女、問わずT シャツが多いですよね。
今や、すっかり定着した感があります。

TシャツのTの由来 には以下二つが今のところ有力らしいですよ。

一つはシャツを広げた時にアルファベットのTの形をしている事。
もう一つはトレーニングの頭文字を取ってとの事です。トレーニングの際に良く着用したのでしょうね。
形はシンプルですが様々な色合いや模様、材質が有り今では選ぶ際に迷う程です。


そんなT シャツの中で漢字をプリントしたデザインが今、外人さんに大人気です。

彼らに、とって漢字がCOOLな印象で格好良いのが大きな理由らしいです。

しかしプリントされた漢字の意味には、あまり気にしていない方々も多い様です。


【四面楚歌】・【冷奴】・【災難】などの文字が大きくプリントされたTシャツを来日された外人さんが着ていたのを見かけましたよ。ありゃりゃって感じました。
流石に日本人の私から見ると違和感が有りました。
漢字T シャツだけに見た目でも良いカンジで着こなして欲しいですね。


私が数多く有るTシャツの中で拘るのは着心地です。
その決め手となるのは、やはり素材が重要な要素ではないでしょうか。
お気に入りの素材はGIZAです。綿ですが最高品質で究極の綿と言っても過言じゃ無い程です。以下、説明文を抜粋します。

 

『GIZA45(ギザ45)』

GIZA(ギザ)とは、エジプトで採取されるコットンの種子名称で、超長綿と呼ばれ、繊維が極めて長いことが特徴の一つ。繊維が長いと、凹凸感がなくなめらかな糸に仕上がるので、長い繊維が採れるほど良い綿とされる。 GIZAの後に続く数字は開発順から連番で付けられているために、特に大きな意味は持たないものの、このGIZA45はエジプト超長綿の中でも最も繊維長が長く、しかも細い。世界綿花総生産量の0.001%ほどという、極めて希少なものだ。 また原綿の採取、不純物の除去など、すべて手作業で行われることで表れる抜群の風合いを見ても、世界最高峰の綿といえるだろう。

 

 

この様に大変、希少なのです。その為にTシャツとしては高額になってしまいます。

しかし結構な頻度で着用しても丈夫で型崩れしにくいですね。

だから長持ちするので元は取れます。

私は1着、お気に入りのGIZAのTシャツを持っています。

既に7年、愛用しています。

          こんな感じです。

             ⇩⇩

f:id:mantaro1026:20170715122112j:plain

その着心地は、まるで絹の肌触りです。本当にサラサラです。

既に、お持ちの方も多くおられると思いますが、真夏を少しでも快適に過ごす為にオススメです。

 

 

広告を非表示にする