リフォームしました。その2

 

前回 その1は、こちらをご覧下さい。

                       ⇩⇩⇩ 

 

mantaro1026.hatenablog.com

 

 

 

 目次

1:各社ブースへ

ハウジングデザインセンターなるビルに一歩、足を踏み入れると一階のフロアにリフォーム関連の各社ブースが軒を並べて出店しています。そして7〜10階には、大塚家具も、しっかりと入っていますよ〜。

 

www.hdc.jp.net

 

浴室の取り扱いだけでもメーカー数が多過ぎるから迷いました。

 

2:メーカーを絞る

結局、散々、迷った挙句、独断と偏見で気に入った以下の3社に対象を絞りました。

・タカラスタンダード

・トクラス

リクシル

 各々、長所、短所が当然、有ります。

考え過ぎると項目が多過ぎて決めれません。そこで優先項目順に耐久性・機能性・コスト・デザインの4項目で妻と一緒に判定する事にしてみました。

やはり滅多に無い機会ですし、どうせ大きな費用を掛けるからには末長く使いたいので耐久性を一番重視しました。

採点の結果です。(あくまでも個人の判定なので一切クレームは受け付けません。)

  メーカー 耐久性 機能性 コスト デザイン 得点
1位 タカラスタンダード 13点
2位 TOCLAS × 11点
3位 LIXIL × 9点
◎:4点  ◯:3点 △ :2点 ×:1点

 

3:そしてメーカーを悩む

候補メーカーを採点したのは良いですが最終的には工事費用込みの総費用が肝心です。

まずは候補のTOCLASとLIXIでも本当に迷いました。両社の概略説明です。

 

3−1:『TOCLAS』                                                                  

伝統と革新                                                         

  楽器製造からスタートしたリビング事業の歴史は、既に40有余年に及びます。                               

常にお客様の暮らしを見つめ、独自の技術で、新しい分野を切り拓いていきたい・・・                   

そのような情熱とこだわりは、キッチン、バスルーム、洗面化粧台等の水まわり商品に脈々と受け継がれています。そして今、変わりゆく時代のニーズに対応し、世の中に必要とされる企業であり続けます。

(TOCLASホームページより)

www.toclas.co.jp

 TOCLASは静岡の名門企業であるヤマハが親会社なのですね。

ヤマハと言えばピアノに代表される楽器、そしてバイクのメーカーという印象が深いので住宅機器関連を取り扱っている事に驚きました。車のエンジンまでを製造している点は知ってはいました。やはり技術が有るのでしょうね。

今回、展示場で見た住宅機器も流石、デザインは洗練された印象を受けました。

ただ、その分お値段も少し高かったです。

 

3−2:『LIXIL

LIXILグループの特徴である「総合住生活企業」を体現するLIXILジャパンカンパニー(LJC)は、住宅に関連するあらゆるカテゴリーの商材・サービスを幅広く扱う国内営業組織です。4つのテクノロジービジネスが有する商品の専門性をひとつの営業組織のもとに集約することからこそ可能となる「トータルソリューション」を提供し、スピーディにお客様のご要望に対応することを強みとしています。

LJCでは、長年にわたって緊密な関係を構築してきた流通店様・コントラクター様と共に日本市場の活性化、需要の創造に取り組んできました。さらに近年、お施主様からのご要望の多いリフォームにつきましても、多彩な商品とサービスのご提供により、様々なご要望に対応出来るよう体制を整備しております。

今後も市場環境の変化に迅速に対応し、LIXILの製品・サービスを最適な形でご提案することで、すべてのお客様の豊かで快適な暮らしに貢献してまいります。

LIXILホームページより) 

 

www.lixil.co.jp

 

LIXILは2011年4月1日に主要5社であるトステムINAX新日軽、サンウェーブ工業、東洋エクステリアを統合し株式会社LIXILを発足しています。 

巨大な住宅関連の総合企業です。

 

街中でも良く看板を見かけます。またスポーツ選手のスポンサーとしても力を入れている様です。有名な選手のユニフォームにタグを良く見かけます。

僕はスポーツ観戦も好きな趣味の一つです。中でもテニスは自身、昔、選手だったので良く観戦します。だから最近の有名選手でテニスの錦織圭選手が着用しているシャツにLIXILタグが付いているのを見ました。

実際に展示場を初めて覗いた際もイベントを除いて一番、集客が多く賑わっており人気がありました。ただ良くも悪くも印象が薄かったです。特に一番、重視の耐久性で有利な印象が残念ながら残りませんでした。

 

 4:まとめ

そして、いよいよタカラスタンダードです。

ここまで書くのにハウジングデザインセンターに3回、足を運んでいます。

 

やれやれ、一体どうなることやら。

次回に続く・・・。 

 

 

 

 

 

リフォームしました。その1

遂に浴室と洗面台の改装をしましたよ〜。

 

目次

1:はじめに

我が家は築21年経過しているマンションなのです。間取りは典型的な3LDK。

お陰様で、それなりに快適な環境で過ごせています。

でも、そんな我が家に於いて約2〜3年前と、かなり以前から何とか改装したいと強く考えていたのが浴室でした。老朽化も激しくなってきましたしね。

 

2:リフォームする理由

その具体的な理由を列挙すると以下の感じです。

 

・壁や床タイル目地の汚れが取りきれない。

・床の水切れが何か悪い。

・全体に水アカ汚れや、石鹸やシャンプー等のカス汚れが完全に取り切れてない。

・これからの寒い時期になると浴室で保温性が悪い。

・冬場は入浴開始時に寒いし、すぐに浴室が冷えてしまう。

・浴室内の収納が少なくて不便。

・毎入浴後の掃除が結構、大変。

・年末、大掃除の時期は、もっと大変。

 

3:決心する

そんな理由で妻と何とかしたいよな〜と常々、相談しながら悶々と考えていました。

そら、やはり入れ替え更新がベストなのは分かっていましたよ。でもね、それなりに

費用を要するしな〜。とか、それに、いざ入れ替えとなると大きな工事になるんだよね。工期は約1週間も、かかります。

当然、その間の定時間は工事屋さんが家に入りっ放しになります。だから、きっちりと見届ける必要が、ありますしね。

そんな、こんなで簡単に決断出来ない日々を悶々と過ごしていたんですよね。

しかし、夏過ぎに仕事の都合で工期の対応が何とか、出来そうになってきたんです。

そこで清水の舞台から飛び降りる思いで決心しました。やったるぞ〜!!と。えいえいオーですわ!!。

そう、遂にリフォームを決行する事にしましたよ〜。

 

4:研究する

そんなこんなで思い切って決断したのが10月の初めでした。そこからはどこのメーカーにするのか、メッチャ、研究しましたよ。

巷はリフォームも盛んで情報が溢れています。逆に情報に惑わせられ、選択肢が多過ぎて困る程です。ここは妻と相談して実物を目で見る事が一番、肝心やな〜との結論に落ち着きました。

そこで、まずは各社が揃っている展示場で情報収集する事にしました。最寄りの展示場の有る街へ出掛けて来ました。そしてハウジングデザインセンターなる大きな店舗へ行ってきました。

こんな機会でなければ覗きませんから観るもの全てが新しく非常に新鮮です。そこは駅近くの大きな商業ビルになっています。ビル全体が住居に関する物品で、溢れかえっています。それこそ家具にガス、電気、水道とライフライン関連を含む、あらゆる住宅機器関連、そして目指すリフォーム関連と何んでも揃っています。ここに来れば住宅に関する情報は全て手に入りますね。今回は浴室のリフォームがメインで、合わせて洗面台も更新する事にしました。洗面台も旧式で使い勝手も悪く、かなり老朽化していたからです。この機会に、思い切って一緒にリフォームする決断しました。

 

次回以降で、その経過を綴っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇和島へ

今回は一泊二日の出張で愛媛県宇和島市へ行ってきました。

 

 1: はじめに

残念ながら釣行ではありません。しっかり、お仕事でした。交通機関は飛行機です。

旅行で道後温泉に以前、行った際に一度同じ路線で飛行機を利用した事はありました。

でも5年以上も前で、どんなフライトだったか覚えてません。それ以来です。

 

2: 交通手段


今回の飛行機はプロペラ機でボンバルディアのDHC8ーQ400でした。伊丹空港発の松山空港着で実際に乗ってる時間は1時間以内で短く、昇ったと思うと、あっという間に下降し出しました。こんなに水平方向の移動距離が短かったかなあ〜という印象でしたね。飛行高度も、そんなに高くなく好天にも恵まれ地上が、ハッキリ見えました。瀬戸内海に沿って飛行するルートです。

海岸線は良さげな釣りポイントが所々に見られ落ち着かなかったですね。天気は良かったのですが海はさざ波が沢山でした。白波が立っている磯も多かったです。でも瀬戸内海は外洋に比べ波も穏やかですね。
窓側の座席だったので本州側の海岸線や瀬戸内の島々を見ながら、あっという間に着陸しました。松山空港からは車で約1時間40分走って目的地の宇和島へ、やっとこさ到着です。道中では雨が降り始め山間部では雪も混じり頂上部は、薄っすらと雪化粧です。

愛媛県での初雪遭遇には驚きました。

 

3: 宿

当日は午後入りで、お仕事を早々に切り上げます。当日の宿はJR宇和島駅の駅舎の真上にあるビジネスホテルの『ホテルクレメント宇和島』でした。まさしく駅直結で電車利用の方には、うってつけです。朝食も、和洋が選べます。今回は和食にしました。しっかりと名物のジャコ天が付いていましたよ。

userweb.shikoku.ne.jp

 4:  夕食

夜は宇和島の方々も交えての夕食を堪能しました。場所はホテルから目と鼻の先にある郷土料理店の『かどや』でした。宇和島の郷土料理と言えば、やはり海の幸が中心でした。目の前が漁港だし少し走れば八幡浜も有ります。だから新鮮な魚介類が豊富なんでしょうね。

www.kadoya-taimeshi.com

4-1: ふくめん

席に付くと目の前には新鮮なお刺身の盛り合わせ以外に見慣れない大皿料理が待機してました。均等4色の色鮮やかな食材がふんだんに盛られた大皿がど〜んと鎮座してます。一体、何だ、これは!!の印象です。それは宇和島の郷土料理の一つである”ふくめん”との事。初めて聞く名前でした。お仕事の会食だったので写真を取れなかったのが残念です。

詳細は下記のリンクと概要を、ご覧ください。  

さつま・ふくめん【宇和島市観光物産協会】

概要

千切りにして味付けしたこんにゃく(または味付けした糸こんにゃく)の上に、白身魚そぼろや、細かく刻んだみかんの皮、などを区画に分けて盛り付けたもの。多くは、丸い大皿や盛り鉢に中心角90度の扇形を組み合わせた4色の意匠に彩って出される。皆で食べる前に、まんべんなく混ぜてから取り分けるが、混ざった状態では、茶色い、地味な姿に変わる。一人分に盛られたものの場合、すぐに混ぜて食べるのでなく、中心の辺りから、のの字を書くように混ぜてゆき、最後まできれいな姿を残すのが通の食べ方ともいう。

宇和島地方では、鉢盛料理鯛めん鱶のみがらし丸ずしなどとともに[1]結婚披露宴長寿祝いなどのハレの料理として欠かせない。また、新年会などの宴会料理の一つとしても供される。

見て楽しむことに重きが置かれた料理であり、味は比較的淡泊で、印象は薄い。味付けに少し加える砂糖を除くと炭水化物はほとんどなく、そぼろも油脂を洗い落とした魚肉で作るため、カロリーは極小で、適度にタンパク質が摂れる健康的な料理である。

ふくめん - Wikipedia

より引用

 4-2: 鯛めし

そして鯛めしです。普通、鯛めしは焼き鯛丸ごと一匹ご飯と一緒に炊き込み蒸し上がると丁寧に身をほぐして混ぜ込んで食べるのが一般的ですよね。しかし宇和島の鯛めしは全く違いました。何と鯛の刺身を炊きたてに、ご飯に載せて生卵を解いた出汁をかけて食すのです。 

新鮮な鯛の刺身と出汁を混ぜ合わせて食し美味しいのは言うまでもありません。

この鯛めしは初めてでした。地元で新鮮な鯛が多く取れるのでしょうね。

他に名物のジャコ天も、きっちり登場しました。炙って風味を増し美味しく食べました。

f:id:mantaro1026:20171209142643j:plain

【お店の説明書き】

会食を終えて翌日の仕事に備えホテルへ早々に戻りました。

 

 

5: まとめ

宇和島は小さいながらも、お城が有る城下町です。夜にはライトアップされ駅から少し遠方に天守閣が浮かび上がって綺麗でした。松山までは道後温泉に妻と共に何度も足を運んでいます。でも宇和島は公私とも初めてでした。海も綺麗な場所です。

近くに豊後水道に佐田岬と良い釣り場もあります。八幡浜市も有り水産業も盛んです。

今度は是非、仕事を離れ、ゆっくりと釣行したいと思いました。

 

最後まで読んで頂いた皆さま、有難うございました。

 

 

 

広告を非表示にする

植え替え

 

観葉植物の植え替えを久々にしてみました。

 

もう、ずっ〜と前から気になっていたものの中々、着手せずに放置していた我が家の観葉植物達。最初は片手でヒョイと持ち運べる大きさで見た目も小ぶりで可愛かった。

そんな彼らも思い返すと我が家へ来てから約5年も経過してました。

順調に成長し、ガジュマルとサボテンが、いよいよ鉢から、はみ出さんばかりの勢いになって来ました。もはや限界です。だから今回、このガジュマルとサボテン2つを植え替える事にしました。

 

 

 

目次

 

サボテン&ガジュマル

 

サボテンは横に広がれない影響か、どんどんと上に伸び出して遂には斜めに、なり出し

始めピサの斜塔みたいになってしまいました。このままでは本当に倒壊しそうです。

f:id:mantaro1026:20171113110713j:plain

倒れそう

 

ガジュマルは鉢一杯でパンパンになって、まさしく纏足状態です。

 

f:id:mantaro1026:20171113110703j:plain

パンパン

植木屋さん

 

植え替えを躊躇していた理由の一つに良い鉢を見つけれなかったんですよね〜。

やはり毎日、見るので気に入った鉢を探していたのです。ありきたりな鉢では面白く無いよな〜と妻とも話しました。でも形やデザインと適正な大きさで『これだっ!』という鉢が中々、見当たりませんでした。結構、あちこちの、お店で探しましたよ。

結局、近くの植木屋さんで見つける事ができました。

 

その植木屋さんです。⇩⇩

PLANTS・PLANTS +plus flowers

 

その植木屋さんは線路沿いの閑静な坂道の途中に有ります。ロケーションが大変、良いです。店内は広く、まるで植物園のようです。種類も多く珍しい植木達も多く見れます。

観てると癒されて気分もリラックスします。

交通の便が少し悪いですが駐車場が有りますから車で、お近くにお越しの際は是非、お立ち寄っては如何でしょうか。鑑賞するだけでも価値がありますよ〜。

f:id:mantaro1026:20171115145934j:plain

f:id:mantaro1026:20171115145913j:plain

植物園の様な店内

 

当然、鉢の種類が豊富な点は言うまでも有りません。

f:id:mantaro1026:20171115145922j:plain

多種な鉢

 

f:id:mantaro1026:20171115145948j:plain

f:id:mantaro1026:20171115150010j:plain

リースも有ります。

 

見つけた鉢

 

妻と共に、お気に入りの鉢を2つ見つける事が出来ました。

f:id:mantaro1026:20171115145055j:plain

サボテン用

色と模様がナイスな感じです。

 

 

f:id:mantaro1026:20171115145047j:plain

ガジュマル用

四角い形と質感が気に入りました。

 

 

 

いざ植え替える 

 

鉢さえ見つかれば植え替えは簡単に進みます。 土と敷石を準備します。

f:id:mantaro1026:20171115145128j:plain

今回使用の土

f:id:mantaro1026:20171115145111j:plain

底に敷石セット

f:id:mantaro1026:20171115145154j:plain

少し土を入れる

 

まずはガジュマルから植え替えます。慎重に抜き出して四角形の鉢へ植樹しました。

f:id:mantaro1026:20171115145140j:plain

f:id:mantaro1026:20171115145210j:plain

抜き出しから植樹

ゆったりと植わり見た目もバランスも良い感じです。

 

次にサボテンです。こちらはヒョロ長くなったので折れない様に、より慎重に植え替えます。棘にも注意します。でも一本、人差し指に刺さってしまいました。大した事無くて助かりました。そして植え替えます。

f:id:mantaro1026:20171115145251j:plain

サボテンも完了

 

まとめ

 

ずっと気になっていた植え替えが無事に終了して一安心です。

やはり長く育てると愛着が更に増えますね〜。植物達がモノを言わず大きくなる様子は健気で可愛いです。また大きくなって次の植え替えを楽しみに見守っていこうと思いました。

 

f:id:mantaro1026:20171115145301j:plain

屋内に設置


最後まで読んで頂いた皆さま、有難うございました。

 

 

 

広告を非表示にする

隠岐の島へ釣行(後編)

前編からの続きです。

 

前編は、こちらです。⇩⇩⇩

mantaro1026.hatenablog.com

 

 

 目次

 

初日終了

船長さんが迎えに来られて初日の釣りが終わりました。

船に磯から荷物を先に乗せてから慎重に体を乗り入れます。波で船が煽られて上下左右に揺れる中で飛び乗るタイミングは危険と隣り合わせです。しかし船長さんの操船技術が素晴らしく危なげなく乗船できました。

 

そして一路、中ノ島の宿へ航行します。

宿では船長の、お母さんの手料理を堪能し翌日に備え早めに就寝しました。

 

二日目

翌日は風が強まり波も高くなりました。予報では降水確率も50%でした。立てるポイントを船長と慎重に相談し見極めます。幸い雨も降らず朝日が昇る直前に宿を出発。

波が被らないか心配でしたが何とか大丈夫と日明けと同時に低く小さな沖磯へ渡してもらいました。

f:id:mantaro1026:20171113110052j:plain

f:id:mantaro1026:20171113110037j:plain

小さな島

大海原にポツンと小さな島で少し不安になります。しかし、ここも青魚や大物が如何にも出そうな良い雰囲気の場所でした。

大きめのトッププラグを投げ込み表層を探ります。出ないのでジグに変更して底から中層を狙って見ました。しかしアタリは残念ながら有りませんでした。同行の釣り仲間は餌釣りでの尾長グレ狙いです。

餌も取られず魚の気配が無いので相談してポイント変更をする事にしました。

船長に迎えと磯替えをお願いします。

 

ポイント変更

この頃になると風が強まり立てる場所が限られてきました。

風裏のポイントを船長と相談して選定しました。その結果、松島と言われる大きめの島へ決めました。

f:id:mantaro1026:20171113110123j:plain

目指す松島

 そして風裏のポイントへ渡してもらいました。

f:id:mantaro1026:20171113110214j:plain

f:id:mantaro1026:20171113110236j:plain

f:id:mantaro1026:20171113110158j:plain

f:id:mantaro1026:20171113110137j:plain

風裏の松島絶壁ポイント

 

待望のヒット

この日が釣行最終日でした。また帰りのフェリー時刻の都合で2時の迎えでした。

なので、この磯への到着が昼前で、また、にわか雨も降ったり突然の雷に中断とあまり時間に余裕がありませんでした。

 

そんな中、持ち込んだタックルで可能な限りのルアーを投げ込みました。

終盤間近に遠投したジグに待望のアタリからのヒット!最初は引きも大した事がなくリールのハンドルも軽く回せました。スルスルと簡単に寄って来ましたが手前の約20m位で突然、暴走し下へ下へ潜られてしまいました。あっという間の出来事に全く対応できず根に巻かれてしまいました。そしてラインが切れて呆然です。まだまだ未熟と痛感。

結局、アタリはこの一回だけでした。これにて終了です。

唯一のアタリだっただけに本当に悔やまれました。

迎えの船内で船長さんから良型のヒラマサか、ひょっとしたら真鯛だったかもね〜。

と言われ余計に残念でした。

まさしく『逃した魚は大きい』です・・・。

 

 

帰路へ

 

迎えの船に乗り一旦、宿へ戻りました。

帰りのフェリーは中ノ島の菱浦港からでした。その港までは船長さんに車で送ってもらいます。

f:id:mantaro1026:20171113110342j:plain

帰りのフェリー

f:id:mantaro1026:20171113110358j:plain

菱浦港から

 

菱浦港から出発し来居港などの港を経由して本土を目指しフェリーは進みます。

 

f:id:mantaro1026:20171113110420j:plain

本土の七類へ到着

 

f:id:mantaro1026:20171113110431j:plain

装備や道具たち

 まとめ

 

今回、ご一緒の釣り仲間は大物は居ませんでしたがグレを多く釣り上げました。

これからの冬に向けて寒グレの大物が釣れだすそうです。

僕は寂しい結果になりました。しかし大自然の潮風の中で思い存分にキャストを繰り返し本当に釣りを楽しみました。また次回に必ずリベンジをするぞ!と思いを強く隠岐を後にしました。

 

 

 

隠岐の島へ釣行(前編)

 

いつの間にか紅葉も真っ盛り、早くも晩秋に入り朝晩めっきり冷え込んできました。

そんな中、待望の隠岐の島へ釣行してきましたよ。

 

 

目次

天候

本当は先月の10月に釣行する計画でしたが大きな台風が2個、連続で日本列島を通過したので見送りに次ぐ見送りになってしまいました。この時期、日本海は荒れやすく波も高いので釣りができる日も限られてしまいます。せいぜい波高さが2.5mまでが限界でしょうか? それ以上は危険で釣りになりませんね。だから海況と睨めっこしながら日程を合わすのは中々、難しい事でした。そして11月7日〜8日で何とか都合を付けた日程で旧知の釣り仲間と行ってきました。

 

交通

交通手段は出雲市から本土の出発点である松江市七類港まで車で移動。車は港へ駐車します。そして七類港から隠岐の島へは隠岐汽船のフェリーで向かいます。乗船時間は約1時間半です。船室は特等から二等まで値段毎に区分されます。今回は時間も短いし値段も一番安い二等船室で雑魚寝して向かいました。二等船室は広くて比較的に空いており天候も良くて揺れも少なく快適でしたよ。

f:id:mantaro1026:20171113104923j:plain

七類港のターミナルセンター

 

f:id:mantaro1026:20171113105144j:plain

ターミナル内の出発前様子

 

f:id:mantaro1026:20171113105157j:plain

二等船室の切符

 

f:id:mantaro1026:20171113105233j:plain

車を先に

 

f:id:mantaro1026:20171113105339j:plain

七類港を出航

 

f:id:mantaro1026:20171113105524j:plain

隠岐の島が見えてきた

www.oki-kisen.co.jp

 

 隠岐の島

隠岐の島は大きく大小2つの島からなります。大きい方が島後、小さい方が島前です。

島前は更に3つの島(西ノ島、中ノ島、知夫里島)からなる諸島です。今回の釣行目的

地は島前にしました。

隠岐4島について | 隠岐ユネスコ世界ジオパーク 

 

隠岐の島、島前の一つである知夫里島、来居港へ到着すると予約していた渡し船が既に接岸されて居ました。乗り換えて釣り場である離れ磯へと向かう段取りです。

 

f:id:mantaro1026:20171113115229j:plain

渡し船が接岸待機中

 

そして、この日の釣りが終わると中ノ島の船宿へ一泊する計画です。



 

渡し船の船長さん

今回、お世話になった渡し船は新海丸でした。当日の船宿も兼ねています。宿は前述の通り中ノ島に有ります。船長さんは大変、物腰の柔らかい優しい方で道中に最近の釣果や海況、水深などを丁寧に教えて下さいます。

f:id:mantaro1026:20171113105643j:plain

船長操船中

新海丸は快調に海上を飛ばし初日の釣り場へ到着し波のタイミングを見ながら慎重に磯へと渡ります。

f:id:mantaro1026:20171113105631j:plain

波しぶきを上げ航行中

 

釣り場(初日)

f:id:mantaro1026:20171113105737j:plain

深場の沖磯①

f:id:mantaro1026:20171113105814j:plain

深場の沖磯②


波も程よく雰囲気抜群の磯です。船長から移動中に、この水域は水深が50m〜60mと深めとの情報を聞きました。なので心置きなく約100gと重めのジグを投げ込みます。ぶっ飛ばして着底させ、しゃくりながら回収を延々と繰り返します。中々、あたりが無いので大きめトップのルアーに変更しキャストを続けます。しかし、あたりは依然として有りません。そこでヘビータックルからシーバスタックルへ変更しました。そしてミノープラグを投げる事、数投目の回収時に目の前のサラシから褐色の影が飛び出して来ました。良型のイサキでした。

終盤頃に鮫が一匹、背びれを出しながら目の前を悠々と泳いでました。自然の豊かさに感心。結局、この日は、これにて納竿です。

 

続きは後編へ 

 

 

 

 

 

 

バッグを購入

 

ブリーフバッグを買ってみました。

 

バッグを買うのは久々です。以前に使っていたバッグが、壊れてしまったからです。

そのバッグは思い返すと、かれこれ10年以上は使用していました。

大事に使っていたのですがね〜。

生地は全く問題無かったのですが遂にチャックが外れてしまい駄目になりました。

僕は基本的にモノは何でも大事に長く使います。だから、まずは修理を考えます。

貧乏性と言われれば、それまでですが・・・。

 

 

目次

 

 

修理を見積もる

 

思えば、そのバッグには色々なモノを詰め込み、あらゆる場所へ持っていきました。

そのうちに小さな傷や少しの汚れなんかも出てきますがメンテナンスしながら使い込むと愛着が湧いてくるのです。だから壊れてしまっても簡単に捨てる気に、なりません。

そこで直してみようと考え懇意の修理屋へ持って行き壊れたチャックの修理費に、どれ位かかるのか確認してみました。するとチャック部の全取り替えが必要で17,000円かかるとの事でした。う〜ん予想外に高い!!

 

探す

そこまでの費用をかけて直すべきか新たに買うべきか悩みました。まあ充分長く使っただろうと自分なりに納得して新たなブリーフバッグを買う決心をしました。

(購入条件)

・修理費の17,000円より安い事

・軽く(1kg以下)しかも丈夫な事

・充分な容量(B4サイズ可)と収納ポケットが多い事

 

そんな訳で探し回りました。巷には購入を決めるのに困る位にバッグが溢れていますが中々、考えている条件にヒットするモノがありません。良いと思ったバッグは予算以上だったり逆に予算以下だと小さ過ぎたりします。お金をかければ良いバッグは、簡単に手に入ります。しかし今回は予算の上限をキッチリ決めて探しました。長く愛用したいのでジックリと、お店を回ったり雑誌を見たりネットでも探します。

 

 決める

さんざん探し情報を集めましたよ〜。その結果、気になるメーカーが見つかりました。

初めて聞いた名でした。そのメーカーはDATUM社でアメリカ製です。 

datum-jp.net

 

そして、このメーカーのブリーフバッグが条件に見事に合致しました。

(ブリーフバッグの仕様)

  • 表地: 500D コーデュラナイロン
  • ソール素材または裏地: 210D ナイロンオックス
  • 収納可能サイズ: B4サイズ収納可
  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ31cmxヨコ42.5cmxマチ9cm
  • ポケットの数:10(外側2/内側8)
  • 重量:740g


 DATUMのバッグはビジネスにアウトドアにあらゆる用途に対応すべく形や色などの種類も豊富に揃っています。

早速、そのメーカーのバッグを揃えている、お店を探しますが少なくて苦労しました。

何とか置いている、お店を見つけますが肝心のブリーフバッグは結局、お目にかからずでした。しかし他品種のバッグを実際に目で見て触ると実にしっかりした造りです。

これはブリーフバッグも間違い無いと確信しました。

 

そこでネット購入する事にしました。

 

 

 到着し確認する

 

 ① 梱包

f:id:mantaro1026:20171025083655j:plain

 

② 開封

f:id:mantaro1026:20171025083705j:plain

 

③取り出す

・おお〜!かっちょええ〜ぞ!!

f:id:mantaro1026:20171025083715j:plain

 ・ハンドルと底部分の消耗部がバックスキンで補強されています。f:id:mantaro1026:20171026071922j:plain

④ 標識

f:id:mantaro1026:20171025083730j:plain

 

⑤ 内ポケット

 ・内側は青色です。これは内容物を視覚で識別し易い色との事です。

・収納も区分けされて使い易そうです。

f:id:mantaro1026:20171025083743j:plain

 

・13インチのノートPCもスリーブケースに入れたまま楽に収納できます。15インチも収納が可能です。

f:id:mantaro1026:20171025083826j:plain

 

 

⑥外ポケット(面)

 ・筆記具などの収容も細かく区分けされて便利です。

f:id:mantaro1026:20171025083750j:plain

 

⑦ 外ポケット(裏)

 ・大きなモノも簡単に出し入れ出来ます。

f:id:mantaro1026:20171025083817j:plain

 

 

 

便利な配送

 今回はクロネコヤマト便の代引きで無事に到着しました。

あまりネット購入はしませんが今回は どの店舗にも無かったので止むを得ずでした。

大変便利なクロネコヤマトのシステムが有るよ〜と妻から教えてもらいました。

その名は『クロネコメンバーズ』です。

 

www.kuronekoyamato.co.jp

 

この機会に登録し早速、今回の受領で時間指定をしました。

昨今の小口配送で不在による再配達のロス等、色々と問題が発生しています。

それらのWin- Win効果としても大変、良い仕組みです。

ネット購入やクロネコヤマト便を良く、お使いの方は登録すると大変、便利ですよ。

 

 今回、探し回って選んだブリーフバッグを大事に使い込みたいと考えてます。

 

 

最後まで読んで頂いた皆様、有り難うございました。

 

 

デイタム DATUM ブリーフケース 46305 RETRONOS 【 2WAY ショルダーバッグ ハンドバッグ ビジネスバッグ メンズ 】

価格:12,960円
(2017/10/26 07:28時点)
感想(0件)

 

 

広告を非表示にする