台風後

今回の台風は非常に動きが遅いですね。

幸い私の居る山陰、出雲は直撃せず、ほとんど強風は無かったです。

しかし四国や紀伊半島等は風雨ともに強かった様で被害を心配します。

昨今の気象は異常な事が多いですが、それらは最早、通常の出来事と思わざるを得ない地球環境でしょうね。

昔では、あり得ない自然災害が当たり前の様に起こります。

特に降雨は突然な場合が多く局地的で、しかも豪雨になり易く、全く予報も出来ない場合が大半ですね。

備える為に雨が降り出すと河川流域や海抜の低い地域にお住まいの方々は。即、地域の避難場所へ移動すべきです。大した事が無ければ戻れば良いと思います。

都度、避難する事は事情によって大変な事も多々あると思います。

でも全て命あっての事です。とにかく避難しましょう。

そんな今日は代休を頂きました。少ない平日の休みでした。

朝は台風の余波で雨だろうと、ゆっくりするつもりでした。しかし6時頃に目覚めると外は明るく風も無い。しまったと素早く釣り支度を整えて朝のいつもの宍道湖ポイントへ向かいます。到着すると漁師さんが沢山おられます。皆さんシジミ漁師です。

f:id:mantaro1026:20170808213641j:plain

 

ジョレンと呼ばれる専門の道具で器用に湖底をさらって行きます。

宍道湖は比較的に水深が浅くジョレンも、それに合わせて長くても全長4m位まででしょうか。それでも湖底の泥と一緒にシジミを掻き出す為には全身を使う重労働です。

しかも船の上に取れたシジミを大きさで選別しなければ、なりません。専用の網目で小さなシジミは戻さないと、なりません。

その後、漁協におろされた後、仲買さんがシジミを一個一個選別するのですよ。

大きさが達していても死んでいる貝があるからです。死んだ貝は地元ではガボと言われます。貝殻が閉じているから外観ではわからないのです。だから一個一個、選別しながら音で見極めています。素人では到底、分かりません。

宍道湖七珍の一つであるシジミは全国的にも有名で実際に美味ですが、こんな風に実に手がかかっています。

釣りの方は何とか4匹釣り上げましたよ。最大で約40cmのセイゴばかりでしたけど。

もっと大きくなれと全部、リリースしました。

相変わらずバラしも多く結果は8ヒットの4キャッチで4バラシでした。

f:id:mantaro1026:20170808213917j:plainf:id:mantaro1026:20170808213906j:plainf:id:mantaro1026:20170808213830j:plainf:id:mantaro1026:20170808213715j:plain

 

 

真夏になり活性が上がってきているのは間違い無いですね。

これから更なるサイズupを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

宍道湖と花火

8月最初の釣りに昨晩、宍道湖へ行ってきました。

8月に入り夏真っ盛りですね。日中は、うだる暑さで身体の中に熱が篭る感じです。そこで夕飯前に少し涼みたくなりました。散歩がてら宍道湖の近場へGO!

今回は短時間釣行だったし長靴スタイルの軽装備です。
18時から釣り開始。この日は東から強めの風が吹き付け波が絶え間無く湖岸に打ち寄せてました。この時間でも湖面から渡る風は生暖かったですね。今回のポイントは向かい風になる位置だったし藻の切れ目で流れのある所なので比重の重いルアーばかり選びました。飛距離を出して広範囲を探ります。

今回使用したルアー達 ⇩⇩⇩

f:id:mantaro1026:20170806182430j:plain 


投げる事、1時間ほど、日が暮れ出す頃にポツポツと当たりだしました。
結果はセイゴの、おちびちゃんが3匹遊んでくれました。ピックアップ直前でばらし全部オートリリースです。 

 

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70TG CH-323 ピンクレインボーGB 70mm

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70TG CH-323 ピンクレインボーGB 70mm

 

 

お父さんか、お母さんを連れて来ておくれと願いながら20時まで投げ続けました。
この日は松江市で大きな花火大会でした。台風が近づく中、無事に開催され花火が上がり出すのを見て納竿としました。
遠目に繰り出される華麗な花火を、しばし見入ります。
「盛夏だなぁ~」と呟きながら宍道湖を、あとにしました。

この翌日である今日の午後は島根の益田で何と気温が最高で39.3℃です。こんな気温を聞くのは山陰では初めてです。

私の居る、出雲でも38.1℃でした。何か年々、夏の気温が上昇してますね。

台風の影響で暖かい空気が中国山脈を越えて吹き降ろしている影響らしいです。

しかし外気温も人の体温を越え出すと頭もボーとしてきてダメですね。

早く秋が来ないかな、と強く思いました。

 

 

広告を非表示にする

宍道湖へ

 

 

釣りしてきました。

 

夕マズメで散歩がてら宍道湖へ釣行しました。

日中の暑さを癒すべく夕涼みです。
何時もの、お気に入りポイントを目指します。
到着すると先行者が3名、おられます。

餌とルアーの方が各々でしたね。直後に1名が到着。
やはり宍道湖のシーズンインで良い好ポイントは皆さん良く御存知ですね。

ほんまに感心します。
なので少し場所を移動して水面を観察します。今日は軽装備で長靴スタイルだったので残念ながらウェーデイングは出来ません。
湖岸を移動しながら観察しますが、ビッシリと水草が岸づたいに茂っていました。

前回の釣行時より更に増えてましたね。
聞くところによると今年は例年に比べ梅雨の雨量が少なく、その影響で水草の成長が異常に早く、多いとの事でしたね。 


何とか、水草の切れ目を狙い打ちします。
それでも回収時、ルアーに水草が絡みます。
水草に達するまでに喰ってくれないとダメなパターンです。
今日は早々に切り上げました。

今回も残念ながら鱸には出会えませんでした。

 

夕方の宍道湖は渡る風も幾分か爽やかで日中の火照った身体を優しく包みます。

それだけで何か気持ちが癒されますね。

まぁ次回に備えようと宍道湖を後にしました。

 

今回は下写真の沈むのと浮くのとを各々1ケづつ目一杯、投げてみました。

 

 

f:id:mantaro1026:20170724202113j:plain

広告を非表示にする

夏祭り

いよいよ夏真っ盛りになってきましたね。

地域に、よっては梅雨明けしたのでしょうか?

この時期になると全国各地で夏祭りが盛大に開催されます。

既に京都では祇園祭が始まり日本中のみならず世界中から観光客が押し寄せてます。

私は先月の6月下旬の土曜、用事で久しぶりに京都へ行ってきました。

駅に降り立ち改札を抜けて歩き出し驚いたのは外人さんの多さでした。

欧米や東南アジア等、実に様々な国々から明らかに観光客と分かる皆様が来日されてましたね。流石、京都は世界に名だたる観光都市ですね。

町並みに歴史の風格を感じます。また有名な神社仏閣も多く散策して廻るのも楽しく人気なのでしょうね。


さて私が今、赴任している山陰の夏祭りで規模が大きいのは松江市の水郷際と米子市の、がいな祭りが有名なのです。がいな=鳥取弁で巨大なの意味』

夏祭りの華と言えば、やはり花火ですよね。


特に水郷際は宍道湖上の浮島から盛大に打ち上げられ湖面を鮮やかに彩ります。

その様子は本当に綺麗ですよ。

松江市は城下町で水の都でもあります。風光明媚な街で古都の風情がありますよ。

また京都、金沢と並び日本三大和菓子処としても有名な街である事を御存知の方も多いでしょう。

今は錦織圭選手の出身地の方が分かり易いかもしれませんね。

今年の水郷際は8月5日です。毎年、多くの観光客で賑わいます。

詳細です。⇩⇩⇩

 

www.kankou-matsue.jp


昨今の異常気象で台風通過と重なり急遽、中止の年もありました。


今年は予定通りに無事、開催される様に願っています。

そして多くの方々が水郷祭で松江に良い想い出創りに、ご来訪されたらと願っています。

 

揖保の糸 そうめん ひね 特級 黒帯 送料無料(いぼのいと 揖保乃糸 素麺)(あす楽)【メーカー包装済】【B5】(お中元 御中元 暑中見舞い 暑中お見舞い 残暑見舞い 残暑お見舞い 暑中 残暑 引っ越し 挨拶 お礼 お返し 内祝い お祝い)【楽ギフ_

価格:3,456円
(2017/7/18 19:13時点)
感想(151件)

広告を非表示にする

こだわりのTシャツ

いよいよ夏本番になってきました。

暑い日々が続くと皆さん、服も軽装になります。

真夏の軽装での代表と言えば老若男女、問わずT シャツが多いですよね。
今や、すっかり定着した感があります。

TシャツのTの由来 には以下二つが今のところ有力らしいですよ。

一つはシャツを広げた時にアルファベットのTの形をしている事。
もう一つはトレーニングの頭文字を取ってとの事です。トレーニングの際に良く着用したのでしょうね。
形はシンプルですが様々な色合いや模様、材質が有り今では選ぶ際に迷う程です。


そんなT シャツの中で漢字をプリントしたデザインが今、外人さんに大人気です。

彼らに、とって漢字がCOOLな印象で格好良いのが大きな理由らしいです。

しかしプリントされた漢字の意味には、あまり気にしていない方々も多い様です。


【四面楚歌】・【冷奴】・【災難】などの文字が大きくプリントされたTシャツを来日された外人さんが着ていたのを見かけましたよ。ありゃりゃって感じました。
流石に日本人の私から見ると違和感が有りました。
漢字T シャツだけに見た目でも良いカンジで着こなして欲しいですね。


私が数多く有るTシャツの中で拘るのは着心地です。
その決め手となるのは、やはり素材が重要な要素ではないでしょうか。
お気に入りの素材はGIZAです。綿ですが最高品質で究極の綿と言っても過言じゃ無い程です。以下、説明文を抜粋します。

 

『GIZA45(ギザ45)』

GIZA(ギザ)とは、エジプトで採取されるコットンの種子名称で、超長綿と呼ばれ、繊維が極めて長いことが特徴の一つ。繊維が長いと、凹凸感がなくなめらかな糸に仕上がるので、長い繊維が採れるほど良い綿とされる。 GIZAの後に続く数字は開発順から連番で付けられているために、特に大きな意味は持たないものの、このGIZA45はエジプト超長綿の中でも最も繊維長が長く、しかも細い。世界綿花総生産量の0.001%ほどという、極めて希少なものだ。 また原綿の採取、不純物の除去など、すべて手作業で行われることで表れる抜群の風合いを見ても、世界最高峰の綿といえるだろう。

 

 

この様に大変、希少なのです。その為にTシャツとしては高額になってしまいます。

しかし結構な頻度で着用しても丈夫で型崩れしにくいですね。

だから長持ちするので元は取れます。

私は1着、お気に入りのGIZAのTシャツを持っています。

既に7年、愛用しています。

          こんな感じです。

             ⇩⇩

f:id:mantaro1026:20170715122112j:plain

その着心地は、まるで絹の肌触りです。本当にサラサラです。

既に、お持ちの方も多くおられると思いますが、真夏を少しでも快適に過ごす為にオススメです。

 

 

広告を非表示にする

梅雨

毎日、蒸し暑い日が続いてますね。

今年は梅雨入りが少し遅れ、今、真っ只中だから、この湿度も止む無しでしょうか。

それでも日中は暑さと、むしろ湿気に体力の消耗を感じます。

あまりにもムシムシして、お仕事で全身、汗まみれになる日中ですが帰宅してからのビールが美味しく楽しみな季節です。

しかし、あまりにも蒸し暑い日々が続くので早くも冬へ思いを乗せて少しは清涼感を味わいたいと考えました。

真冬の名産に関連し以下に記します。

 

『十六島』

もし、この島の名前を即答できたら素晴らしいです。

正解は『うっぷるい』と読みます。

その場所は出雲市(旧:平田市)の日本海に面した磯場です。
この十六島は魚釣りに好ポイントが多く、気候が良い時は多くの太公望で賑わっています。しかしシーズンが限られてしまうのです。しかも何とベストシーズンの秋から冬である11月~3月が磯に入れません。

釣りが趣味の私にとって非常に残念ですが。

 

理由は十六島海苔の採取漁期間だからです。
地元では、この期間の立ち入り禁止の理由を「海苔島だぁけんなぁー」の一言です。

厳冬期の日本海の荒波に揉まれ育まれる天然の磯海苔という希少な水産資源を守る為です。
釣りは何時でも何処でも出来ますからね。

 

 

そこでは毎年、冬場の12月〜2月に良質の岩のりが取れます。

その時期は日本海も荒れ狂い波が大変、高い時期です。

そんな危険な時期に、しまご、と呼ばれる漁師さんが何と手摘みするのです。

こんな様子です。 

 ⇩⇩⇩

4travel.jp

 地道で危険と隣り合わせ。まさしく命懸けです。だから多く取れません。

 大変、希少で価値があるのです。

実際に食すと本当に深く濃い味わいです。

中々手に入りませんが地元に専門店があります。下記です。

www.iwanori.info

 

お近くにお越しの際は是非、お立ち寄り下さい。価値が有りますよ。

 あまりにも蒸し暑いので少しでも緩和を願い、真冬の地元食材ネタを記しました。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

果物

梅雨の真っ只中で湿度が高く蒸し暑い日々が続いてます。

適度に水分補給をしながら熱中症対策や体調管理に気を使う必要がありますね。

そんな梅雨明けの真夏を控えた今の時期は夏が旬の果物が美味しい季節でもあります。

 

夏の代表的な果物はスイカ、メロン、葡萄に桃といった感じですね。

 

やはり水分補給に、みずみずしい果物が本当に美味しいし体にも優しいです。

それぞれに産地があり特色もあって探すのが面白い。

例えばスイカは鳥取県北栄町(旧:大栄町)が全国的にも有名です。

丁度、この過酷な時期に何とマラソン大会が開催されます。その名も北栄スイカマラソン大会です。流石にフルマラソンは無いですね。ゴールするとスイカが無制限に振る舞われます。一度10kmの部に参加しましたが滅茶苦茶、きつかったです。でもゴール後のスイカが、あれ程、美味しかったのは初めてでしたね。

葡萄は、やはり山梨が有名ですね。

私の中で特に桃は大好物の果物で中でも白桃は本当に美味しい。

とにかく甘く水分も、たっぷり含み真夏の喉の渇きを麗してくれます。

最近は真夏の、この時期に岡山県の白桃を良く購入します。

岡山県は晴れの国で果物王国でもあります。

お気に入りは『農業王国 岡山白桃』です。

白桃といえば一般的に桃の王様で高いイメージですが、こちらは比較的に財布に優しいお値段設定となっています。白桃栽培に関してとにかく大変、こだわっています。

また何より品質が良く実に美味しいですよ。

 

ネット購入できますし配送等の対応も良く便利です。

下記がホームページです。

    ↓↓↓

農業王国 岡山白桃市場

 

皮も綺麗に剥きやすく冷蔵庫で冷やして食すと本当に体が癒されます。

真夏に少しだけ贅沢な至福のひと時を味わっては如何でしょうか。

 

広告を非表示にする