紀州Short Trip(後編)

 

 

釣行

河口へ

和歌山の釣行は本当に久しぶりです。思い返すと約30年ほど昔に紀ノ川の中流域で釣ったなあ〜と微かに覚えています。当時は魚影が濃く大物は釣れなかったのですが色んな種類の魚で数釣りを楽しんだ記憶があります。それだけに楽しみでした。

そんな事を思い出しながら到着した初日に早速、釣行しました。事前に狙いの場所は地図を見ながら考えてました。それでも初めての場所なので実際に行って見ないと釣りになるか、どうかは分かりません。釣りは、まず狙いの場所へ歩いて到達できるか、どうかで始まります。今回は時間の制約もあり、2ヶ所に狙いの場所を絞りました。1ヶ所目は河口域のポイントです。何とか近くに駐車し歩いてポイントに用心しながら近付きます。降り続いた雨の影響で川が増水しているからです。

f:id:mantaro1026:20180715163252j:plain

良い雰囲気

河口域は水量も多く茶色に濁っています。天気は生憎の雨模様でした。そしてポイントに立ちます。狙う魚は未だ釣った事の無いヒラスズキです。和歌山へ来た目的はヒラスズキを釣り上げる為。この魚は外洋の磯場に主に生息する希少なスズキで一般的に市場に、あまり出回りません。普通のスズキより魚食性が強く身も美味しいと言われてます。

f:id:mantaro1026:20180715163306j:plain

2ヶ所目

河口域から横方向に歩きながらルアーを投げ込み続けます。しかし当たりはありませんでした。雷が鳴り出し雨足が強くなった所で残念ながら、この日は納竿です。

磯場へ

二日目は少し早起きし地磯へ向かいました。この日は天気も回復し曇りがちながら幸い雨は上がりました。宿泊地域の海は断崖絶壁が多く、海に近付ける場所は限られます。

f:id:mantaro1026:20180708162907j:plain

海を見下ろす

何とか海辺に降り立ち釣りを開始。濁りが、きつく波も高めの中、慎重にキャストを繰り返します。サラシが良い雰囲気でしたが釣果は無しに終わりました。

f:id:mantaro1026:20180708163023j:plain

サラシ

和歌山の釣行は残念ながら魚には出会えませんでした。また次回に期待する事にしました。しかし久々の釣りで多いに気分転換となりました。

お土産

フィッシャマンズワーフ

帰り道は地元の食材を、お土産に寄り道しながら戻りました。まずはフィッシャーマンズワーフで寄り道です。白浜ビーチの真ん前に位置し今回の宿からも車で約5分と近くでした。地元の漁師さん達が採れたての海産物を持ち込むスタイルの様です。当日は沢山のイカ達が泳いでいましたよ。

f:id:mantaro1026:20180708163355j:plain

イカの泳ぐ水槽

f:id:mantaro1026:20180708163409j:plain

活きの良い蛸


蛸も一匹づつネットの中に元気よく居ました。

とれとれ市場

お次は『とれとれ市場』 へ寄り道しました。こちらは多くの、お客さんが入る有名な観光スポットで有名です。あまりにも広い敷地にビックリするほどです。海産物が、とにかく多く、そして安く感心しきり。

f:id:mantaro1026:20180708163419j:plain

鮪のハリボテ

さすが捕鯨の街です。沢山のクジラ肉が、お刺身で盛り沢山にあります。

f:id:mantaro1026:20180708163432j:plain

ブロック鯨肉が陳列

変な形のクツ海老達が居ました。伊勢海老より美味しいらしい。

f:id:mantaro1026:20180708163450j:plain

珍しいエビ

f:id:mantaro1026:20180708163612j:plain

イサキに甘鯛にカンパチ

f:id:mantaro1026:20180708163510j:plain

地元産の少し小ぶりなハマチ

f:id:mantaro1026:20180708163700j:plain

金目鯛達

f:id:mantaro1026:20180708163716j:plain

赤ムツ達

f:id:mantaro1026:20180708163708j:plain

青ハタ達

f:id:mantaro1026:20180708163728j:plain

真ハタ達

f:id:mantaro1026:20180708163741j:plain

カンパチ達

それにしても新鮮な魚達が一杯で、お客さんも多く活気に溢れています。見て回るだけでも実に楽しい雰囲気ですね。マグロも一日の中で定期的に解体ショーが実演されている様子です。

f:id:mantaro1026:20180708163835j:plain

マグロ解体直後

f:id:mantaro1026:20180708163755j:plain

鮪もブロックで販売

そして珍しい部位を販売しています。

f:id:mantaro1026:20180708163808j:plain

頭肉

f:id:mantaro1026:20180708163823j:plain

ほほ肉

f:id:mantaro1026:20180708163817j:plain

心臓

表示の産地が様々なのが面白く、やはりマグロは遠洋漁業なのだと改めて実感しましたね。

f:id:mantaro1026:20180708163856j:plain

地元の干物

沢山の魚介類をお土産で購入しました。そして最後に立派なアジの一夜干し干物を購入しました。

f:id:mantaro1026:20180708163914j:plain

クエを最後に

 

 


和歌山は海は外洋に面しており森は山深い紀伊半島を抱えた自然豊かな場所です。

また是非、釣りに来ようと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紀州Short Trip(前編)

 

 和歌山への旅

交通手段

車で向かう

釣りに行ったらブログを上げようと思いながら早や、2ヶ月も経過してしまいました。

以前から行きたかった和歌山へ一泊二日の小旅行へ妻と行ってきました。今回の旅行は約3ヶ月前から計画と早めの予約で大いに楽しみにしていたのです。

しかし未曾有の大雨で西日本を中心に各地で被害が発生し交通網も各所で寸断されていたので半ば諦めていました。今回の大雨は幸い、紀伊半島への直撃は免れ道路も問題無く通じていたから決心し向かう事にしました。

ルートは、西宮浜インターから南紀白浜インターを通るルートです。自宅を出発し湾岸高速線、西宮浜から、まずは関西空港を目指します。そして関西空港自動車道を経て阪和自動車道へ入り南下し白浜へ向かいましたよ。今は阪和自動車道が更に延長されていて紀勢自動車道へと繋がり時短で便利ですね。

 

ナギサビール

今回の、お宿近くの道路沿いで昼食に良い感じのレストランが有りました。その、お店はBARLEYという洒落た名前です。調べると地ビールのナギサビール直営店でした。早速、入店します。

f:id:mantaro1026:20180708164022j:plain

綺麗な店内

f:id:mantaro1026:20180708164057j:plain

広いカウンター

 

お料理はイタリアンがメインです。地元の食材にこだわっていました。前菜にビールを知り尽くしたドイツ人であるシンドラーさん手作り生ハムとベーコンの盛合せを注文します。もちろんナギサビールも、しっかり合わせます。妻は地元野菜たっぷりの豆腐サラダを注文。僕はパスタランチにしました。どちらも実に美味しかったですよ。

f:id:mantaro1026:20180708163949j:plain

美味い組み合わせ

f:id:mantaro1026:20180708164038j:plain

熱々、アルデンテのボロネーゼ

このレストランから車で約10分も走らない先にナギサビール工場があります。見学は無料で試飲もできますよ。是非、寄ってみてはいかがでしょうか。

お宿

オーベルジュ サウステラス

今回、お世話になったのはオーベルジュ サウステラスというモダンな名前のホテルでした。白浜は綺麗な砂浜が有り、和歌山では有名なビーチリゾートなのです。だから沢山のホテルや旅館があり選ぶのに困る程。そんな中、重視したのは、やはり、お食事と館内の雰囲気でした。散々、調べて、探し出しましたよ。 

館内

到着すると、小ぢんまりとした鉄筋の建物です。駐車場に車を止めます。早速、エントランスに入ると無人ながら小綺麗な感じです。フロントは入り口のエレベターに乗って3階にあります。チェックインすると、その横に共有スペースがゆったりと有ります。

宿泊客なら誰でも自由に寛げる憩いの場となっています。しかもコーヒーやケーキは無料なのには感心しました。

f:id:mantaro1026:20180708163202j:plain

落ち着いたエントランス

f:id:mantaro1026:20180708163119j:plain

ゆったりした共有スペース

f:id:mantaro1026:20180708163126j:plain

美味しいコーヒーとケーキが何と無料!!

f:id:mantaro1026:20180708163105j:plain

大きく開放的な窓際からコーヒで寛ぐ
お部屋

このホテルは全館で10部屋と比較的に少ない部屋数となっています。宿泊した、お部屋は5階でした。5階は2部屋と贅沢なつくりです。ソファーとテーブルが備わり、ゆったりしたレイアウト。

f:id:mantaro1026:20180708163338j:plain

f:id:mantaro1026:20180708164132j:plain

生け花が綺麗
Dinner

楽しみにしていた夕食です。まずはナギサビールで喉を潤します。

f:id:mantaro1026:20180708164147j:plain

ビールで、まずは一杯


シェフ自慢の創作Dinner開始です。

f:id:mantaro1026:20180708164209j:plain

稚鮎のオイル煮 ソース・トマト・ア・ラ・プロヴァンサル

f:id:mantaro1026:20180708164223j:plain

赤ワインで煮込んだ牛スネ肉と夏野菜のルーロー

f:id:mantaro1026:20180708164234j:plain

ゴールドコーンと濃縮した貝のジュレ

f:id:mantaro1026:20180708164254j:plain

鱧と鮑茸のヴァプール紀州梅肉エキス

f:id:mantaro1026:20180708164307j:plain

黒毛和牛フィレ肉のポワレ フルーツトマトのサラダ添え

f:id:mantaro1026:20180708164325j:plain

今回の赤ワイン

f:id:mantaro1026:20180708164337j:plain

綺麗なデザート

実に美味しく落ち着いたスペースで堪能しました。 


朝食

翌朝は天候も回復し雨も上がっていました。少し早起きし近くへ散歩がてらの釣りへ行って来ます。そして貸切状態の館内温泉へ一風呂浴びてから朝食です。

f:id:mantaro1026:20180708163229j:plain

朝から盛り沢山

f:id:mantaro1026:20180708163236j:plain

綺麗で美味しい朝食

f:id:mantaro1026:20180708163252j:plain

最後のフルーツ

朝食時のお手拭き袋の包装紙を何気なく見ると多くの店名が書いてました。その中にオーベルジュ・サウステラスも入っています。そして右下に小さくSHIMA SEIKIの文字が有りました。

f:id:mantaro1026:20180708163312j:plain

お手拭き袋

今回、お世話になったお宿のオーベルジュ・サウステラスは島精機のグループ会社だったんです。島精機と言えばアパレル業界でホールガーメント技術で大変有名な会社なのです。共有スペースでコーヒを飲みながらホテル従業員の方と話して分かりました。

しっかりと共有スペースにアパレルの自社製品を展示販売されていました。

 


小ぢんまりとしながらロケーションも良く御食事も美味しく、スタッフの皆様の対応も適度に良く日頃の疲れを癒せました。そして本当に寛ぐ事が出来ました。

妻と是非、また来ようと話しました。良いお宿でした。

 

https://www.southterrace.co.jp

 

 

後編は釣行と帰り道に続きます。

 

百花繚乱

 

いい季節になって来ました。

連休の初日は絶好の天気でした。まさしく行楽日和に相応しいですね。家の中に居るのがもったいない位です。そんな好天の中、妻と計画していた淡路島へ行って来ました。 

自宅から車で約1時間ほどで到着するから気軽な旅です。


道中の山並みは、この時期特有の新緑と緑の濃淡が実に鮮やか。景色を見ながら心地いい快適なドライブです。

淡路島へ入り最初のサービスエリアである淡路ハイウェイオアシスは連休で流石に混雑していました。入り口前の道路まで渋滞で並んでいました。帰りに寄ろうと妻と話し通過します。島に入ると香りの館『パルシェ』へ向かいました。施設内に到着すると彩り鮮やかな、お花たちが優しく迎えてくれました。

とにかく綺麗な植栽が豊かで、この時期、お勧めのスポットです。 

f:id:mantaro1026:20180429151835j:plain

見事なツツジの壁

 

 

f:id:mantaro1026:20180429092753j:plain

満開のツツジ


 

f:id:mantaro1026:20180429081216j:plain

2色のツツジ

 

 

f:id:mantaro1026:20180429092809j:plain

蜜蜂も忙しく

 

 

f:id:mantaro1026:20180429092857j:plain

お花の絨毯

 

 

f:id:mantaro1026:20180429092949j:plain

綺麗な、お花畑

 

 

f:id:mantaro1026:20180429093005j:plain

f:id:mantaro1026:20180429093034j:plain

f:id:mantaro1026:20180429093041j:plain

 

 

f:id:mantaro1026:20180429151924j:plain

f:id:mantaro1026:20180429151934j:plain

f:id:mantaro1026:20180429092913j:plain

名産の玉葱



 

f:id:mantaro1026:20180429152126j:plain

マリーナに近接した今回の宿

f:id:mantaro1026:20180429152324j:plain

帰りの寄り道で趣のある喫茶店へ

綺麗な、お花達に癒されましたよ〜。

楽しい旅行で、気分転換できました。そして何より、ゆっくりと過ごせました。

短時間でしたが宿の近くで夕飯前に、ちゃっかりと釣行しました。結果は目の前をフグが、ゆったりと泳ぐのを見れただけでした。

機会を設けて再び近場の淡路島へ行こうと思いました。

 

 最後まで読んで頂いた皆様、有り難う御座いました。

 

春が、ようやく来ました!!

今日も夙川沿いを散歩しました。

f:id:mantaro1026:20180325202040j:plain

桜が開花し出しました。いよいよ春到来です。

f:id:mantaro1026:20180325201939j:plain

今日は、まだ三部咲くらいです。

f:id:mantaro1026:20180325202007j:plain

欄干から

f:id:mantaro1026:20180325202020j:plain

紫陽花の新芽も大きくなって来た。

 

一気に桜の満開が来ますね。

甲子園では、いつの間にか選抜開幕で球春が到来。

自宅の近くに中寿美花壇というお店が在ります。花壇という名前とは別にホテルなんですよ。

nakasumikadan.com

昨晩、仕事帰りに前を通ると、その前の駐車場で素振りをするジャージ姿の高校生らしい集団に遭遇しました。実は、この中寿美花壇さんは高校野球山口県代表の定宿なんですよ。

長く素振りをする姿を見れたらなぁ〜と思っています。

 

 

 

 

春近し

季節の移ろいは人それぞれ何かで感じると思います。僕の場合は店舗で売られている魚で特に感じます。やはり釣りが趣味なので買出しに行く際も魚売り場へ真っ先に目がいってしまうのです。そんな、この時期の魚と言えばイカナゴですね。この魚は神戸に春の訪れ近しを知らせる魚の代表です。毎年、解禁になると水揚げされてスーパーや各、店舗の魚コーナーに生イカナゴが大量に直ぐ並びます。それらを各、家庭で甘辛く味付けジックリと煮るのです。味付けは家庭ごとで微妙に異なります。出来上がった料理は『イカナゴの釘煮』と呼ばれます。妻の生まれ育ちが六甲なので義母家では毎年、沢山作るのです。僕の好物の一つなんですよね。だから、有難い事に毎年この時期、頂戴しに行く訳です。去年は不漁で少なかったのですが今年は例年通りで安心しました。そして遠慮無く大量に頂きましたよ。何時も美味しいのですが毎年、微妙に変化するところが面白いところです。山陰の日本海側でも売られていますがハッキリと言わせてもらうと似て非なるモノですね。それは大ぶりで硬く色も黒くて濃く醤油辛いからです。やはり小ぶりで柔らかく飴色で、まろやかなのが本場の特徴でしょう。今年も早速、食しましたが本当に美味かった。この釘煮は、熱々の、ご飯にタップリかけて食べると絶品だし、おにぎりに入れて冷めても実に美味い。これだけで食しても、どうにも、お酒が、どんどんと進んでしまう万能で罪な奴なのである。

f:id:mantaro1026:20180311203528j:plain

 

そして、今日も美味しい旬の食材を入手した後にテクテクと何時もの夙川沿いを散歩してきました。今日は夕方3時半頃に自宅を出発し約1時間を南北へ往復するコースで夕飯前に日頃の運動不足解消の散歩でした。朝晩は、まだまだ肌寒いですが天気の良い日中は春の兆しを感じる今日この頃です。決まった散歩道を歩くと季節の移ろいを目で見て特に感じます。例えば冬は木々が幹と枝の茶一色で沈黙しています。でも今日は場所によっては梅も鮮やかに咲き、植栽も新芽の淡い緑が所々、見えました。桜の蕾も約1ヶ月前に比べ格段に膨らんでましたね。それと天気も良かったので道中の公園は真冬時より多くの方々で賑わっていました。皆さんの服装も真冬時より若干軽装でカラフルになっています。確実に真冬より視界には彩が豊かになった印象です。また何時もの淵に居る鯉達も真冬は底でジッとしてましたが今日は元気に泳ぎ回っていました。生き物達も活発になって来ました。季節は確実に廻ります。間も無く桜も開花するで事でしょう。

 

今日は、東日本大震災から7年。決して忘れる事は有りません。

犠牲になられた多くの方々に謹んで哀悼の意を表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『夜と霧』

 第二次世界大戦(1935年〜1945年)における戦死その他の犠牲者数

国名 戦死者 負傷者 一般市民の死者および行方不明者
オーストリア 220,000人 300,000人 125,000人
中国 1,500,000人 2,000,000人 膨大にして計量不可能
フランス 245,000人 390,000人 152,000人
ドイツ 3,000,000人 2,000,000人 800,000人
日本 2,565,898人 326,000人 600,000人
ポーランド 550,000人 320,000人 5,000,000人
イギリス 403,195人 369,267人 60,359人
アメリカ 520,433人 668,653人
ソビエト 4,500,000人 5,000,000人 6,000,000人
ユーゴスラビア 1,706,000人 不明 膨大

                                                          (V.Eフランクル 夜と霧 序章より)

                   

信じ難い数字である。戦争の悲劇により、たった10年間で膨大な尊い命が失われた。

『夜と霧』を改めて読んでみた。この本の原著は『一心理学者の強制収容所体験』という、そっけないタイトルの薄い本であった。著者はヴィクトル・E・フランクル。自らユダヤ人としてアウシュビッツ収容所に囚われ奇跡的に生還しえた体験記である。父、母、そして妻も強制収容所に送られ共々、命を奪われてしまった。ようやく手にした自由と深い失意の中で彼は『一心理学者の強制収容所体験』を九日間で口述筆記させた。そして発行したが売れなくて絶版になった。それを西ドイツに留学した、ある日本人が偶然、本屋で見つけた。その日本人は心理学者である霜山徳爾。彼が翻訳した本です。

戦争は本当に酷い。只、その一言しかない。そして人間は何と残虐になれるのだと。

ジェノサイドの本当の恐ろしさは一度に大量に殺戮される事で無く、その中に、一人一人の死が無い事なのだと。麻痺する恐ろしさ。この本を読んで何時も感じる事である。

頁をめくって読むに耐えない場面に遭遇し閉じてしまう時もある。しかし過去に起こった紛れも無い事実なのである。この本が訴えることに対しての解釈は人それぞれだが、まずは過去の事実を正面から直視すべきだ。もし自分が、その立場に置かれたら一体どうなってしまうのだろうか。生死を超えた極限の中でも精神を保ち、人間の本質を問い続けれた事。人間の持つ精神の強さに改めて驚嘆する。

 

 今は戦争無き平和な日々を切に願うばかりである。ただ人で、いれる為に。

 

 

阿波国へGO!!

 

旅行へ

旅行ルート

徳島へ一泊二日の小旅行へ妻と行ってきました。年始から、なかなか旅行に行く機会が無く身体を癒したかったし気分転換も兼ねての目的です。出発は自宅の西宮市からです。今回は愛車に乗ってドライブで快適に向かいました。ルートは明石大橋を渡り淡路島を縦断し鳴門海峡を超えて直ぐの場所です。約一時間半の所要時間と気楽なコースでした。出発が10時で道中に買い物したり徳島入りして昼食に喫茶店と、のんびりと時間を気にせずの道中です。残念だったのは天気で出発当日は生憎、一日中雨模様だった事ですね。出発から到着までは大した雨量で無かったのが唯一の救いでした。

 

道中の昼食

昼食は折角だから徳島の海の幸を堪能しようと事前に3軒のお店を候補に上げていました。優先順に漁協食堂『うずしお』、『びんび屋』、『うづ乃屋』で何れも地元では海の幸が新鮮で美味しいと評判の良いお店です。

ある程度、混雑は覚悟してましたが到着してビックリ。想像以上の混雑ぶりで駐車場は一杯で『びんび屋』は道路沿いに駐車場待ちの車が並んでいました。地元では、びんび屋渋滞と呼ばれ名物らしいです。実は約15年程昔に来た事が有ったのですが、その際も混んでましたが、ここまででは無かったからギョッとしました。漁協食堂も一杯で何か雑多な感じで落ち着かないし嫌気がさして候補に上げた3店舗は結局行きませんでした。実は、こんな事も、あろうかと予測して1軒の、お店を探してました。そこは『なるみ丸』でした。丁度、向かう道中、我々の車の真ん前を走っていたトラックが何と、このお店に新鮮な鯛を納品してる様でした。(お店の厨房の方と運転手さんとの会話で分かりました。)おっ、これは良いぞと期待します。お店は温泉施設の中に有って非常に綺麗で店員さんの対応もハキハキとして好印象でしたね。お店の入り口前には大きな水槽が有ります。そして何と釣り堀までも。釣り上げた魚は少し、お安く調理され提供するシステムです。

f:id:mantaro1026:20180210183852j:plain

綺麗な店内

f:id:mantaro1026:20180210183842j:plain

水槽内には美味しそうな海老や魚たちが泳いでます。

f:id:mantaro1026:20180210184414j:plain

食べ頃サイズの鯛とヒラメが満載の釣り堀

 

僕は刺身定食、妻は海鮮丼を注文しました。

f:id:mantaro1026:20180210182316j:plain

お店で本日おすすめの刺身定食

f:id:mantaro1026:20180210182653j:plain

賑やかな海鮮丼

お刺身料理とは、いえ注文してから約5分以内でデーンと登場し美味しく堪能します。店内は、ゆったりと寛げました。お店を出るとお土産店が併設です。こちらも綺麗な印象でした。小ぢんまりですが混んでいないし落ち着いた雰囲気で思わず地元のお酒や食材を多めに買い込みました。面白かったのは、お店の前にUFOキャッチャーが有り、何と鳴門金時芋が景品で、てんこ盛りだったのは実に面白く、ご当地ならでは、と思いました。

f:id:mantaro1026:20180210185648j:plain

鳴門金時UFOキャッチャー

www.novil.co.jp

 是非、近くに、お越しの際は寄ってみては如何でしょうか。お勧めします。

そして満足し宿へと向かいます。

 

宿泊したモアナコースト 

1:全体とお部屋

今回、宿泊したのはモアナコーストというリゾートホテル。フロントは吹き抜けで天井が高く綺麗です。部屋数も本館は約10部屋と少なく、こじんまり、まとまり、お部屋も広く整っていました。特徴的なのは全室が3階建てのメゾネットタイプになっている点です。3階は屋外ジャグジー。2階が寝室とか洗面、お風呂のメインフロア。1階は予備の寝室と朝食を食べるサンルームへの入り口となっていました。飲料の持ち込み可との事で食前酒としてスパークリングのハーフとビールを数本、遠慮なく購入しました。

お部屋には流し、電子レンジも有り持ち込みで簡単な食事もどうぞ、という寛容な対応です。

f:id:mantaro1026:20180211173938j:plain

落ち着いたフロント

f:id:mantaro1026:20180211173957j:plain

吹き抜けのフロント

f:id:mantaro1026:20180211173944j:plain

壁一面に味の有るポートレート達が

 

f:id:mantaro1026:20180211173809j:plain

電子レンジや流しなどのミニキッチン。太っ腹ですよね〜。

f:id:mantaro1026:20180211094441j:plain

f:id:mantaro1026:20180211173723j:plain

メインフロア

f:id:mantaro1026:20180211173709j:plain

朝食時に階下へ向かう通路

 

f:id:mantaro1026:20180211173842j:plain

ジャクジーへ向かう階段

f:id:mantaro1026:20180211173911j:plain

ジャクジーからの展望

f:id:mantaro1026:20180211173631j:plain

広い部屋

f:id:mantaro1026:20180211173758j:plain

適度な装飾

 

何より静かで大いにリラックスできましたね。場所も鳴門北インターチェンジ近く海岸前の国道沿いとアクセスとロケーションも抜群。

たまの小旅行は近場で、ゆっくりが良いですね。

 

2:夕食

宿泊での醍醐味は、やはり御食事でしょう。こちらは本格的なイタリアン料理でした。

まずは夕食です。前菜1品目はハマチ、真蛸、ヒラメ、赤貝のカルパッチョ。二品目はピッコロ・ラザーニャでした。

f:id:mantaro1026:20180211094712j:plain

濃厚で美味いラザーニャ

(僕の選択)

・パスタ:鳴門産渡り蟹のバベッテイーネ濃厚なトマトソース

・メイン:亜讃高原牛のタリアータ山菜のフリット添えバルサミコソース

f:id:mantaro1026:20180211172845j:plain

柔らかくワインに実に良く合う牛肉タリアータ

(妻の選択)

・パスタ:生ハムとルッコラのクリームソース

・メイン:天然鳴門鯛のソテー マリナーラソース

 

今回のモアナコーストでのイタリアンは食材と調理が素晴らしく思わず赤ワインが進み、あっと言う間に一本空いてしまいました。今回はサルデイーナ島のワインで、お料理と良く合いました。

f:id:mantaro1026:20180210212442j:plain

空っぽ

f:id:mantaro1026:20180211172907j:plain

最後のデザートで締め
3:朝食

ゆっくりと就寝で身体を癒します。

そして遅めの起床で朝を、しっかりと腹ごしらえします。

f:id:mantaro1026:20180211175517j:plain

部屋を降りて朝食のサンルームへ

 

f:id:mantaro1026:20180211180816j:plain

趣の有るサンルーム

 

f:id:mantaro1026:20180211180830j:plain

新鮮な地野菜のサラダとヨーグルト

f:id:mantaro1026:20180211180836j:plain

豊富で美味しいパン達

 

良い宿泊先でした。お料理が特に美味しく、本当に、ゆっくりと寛げますよ。

今回は初めての利用でしたが、また是非、来ようと妻と話しました。

www.moana.co.jp

 

交通手段としては鳴門北インターから近いし特に車がお勧めですね。

 

 

魚釣り

そして、お腹も満たされ運動も兼ねて久々の釣行を鳴門海峡へ行って来ました。
釣りに行っている間、妻は近くにある大塚美術館で絵画を鑑賞していました。思い思いに有意義な時間を過ごします。

午後の短時間、釣果は残念ながら無かったですが天気も良く渦潮を眺めながら大いに楽しみました。

f:id:mantaro1026:20180211174023j:plain

渦潮を見ながら

まとめ

久々の旅行に魚釣りも楽しめ本当にリフレッシュ出来ました。たまの贅沢で気分転換も良いものです。

これで、また頑張って明日から何事にも更に前向きに、取り組んで行こうと思いました。

 

最後まで読んで頂いた皆様、有難う御座いました。