完全防水バッグ その①

ウォーターシェッド。 

これは自分の中では本当に貴重な逸品である。

これはバックでアメリカのメーカー。

この商品を探し当てるまでの経緯を記そうと思う。

釣りの装備やスタイルはウェダースタイルでした。ウェダーとは完全防水の胴長靴の事。
これを着用して入水し浸水しない程度の水深まで立ち込んで釣るスタイル。胸まで浸かれるタイプが一般的です。夏用、冬用、ブーツ一体型、ソックスタイプと様々な種類が有る。
これによって好ポイントに近づけヒットした魚も取り込みが容易になるのでスズキ釣りにも愛用者が多い。私も、その1人でした。

しかし今は使ってません。理由は危険な体験をしたからです。
それは秋口に地磯へウェダースタイルで釣行した時でした時の事です。
そもそも磯へウェダーは危険だから止めましょう。

その日の波は比較的に大きめで風も強く不安定な気候でした。
荷物を波が、被らないであろうと考えた少し高い岩に預け釣り開始。
約1時間は、珠に大きな波が来るも恐れる程ではなかった。
しかし事件は、その後、起こった。
後から考えると、それが俗に言われる、お化け波だろう。
この波は、何時、襲いかかって来るか全く予測不能である。
約1時間、大きな波にも対応してた矢先、突然、少し沖で高いうねりが発生したと思って構えた時には時すでに遅しでした。あっと、いう間に高い岩場に置いていた荷物に達し瞬く間にさらわれ引き波で海中へ。こんな日に限り沢山のルアーを持ち込んでた。
それらや、タモ、装備等、大事な道具類が目の前から消えたのだ。
咄嗟に取りに行く。なんの迷いも無しに。

荷物は海中とはいえ、まだ目の前に有る。
取りに行くと同時に次の波で身体が海中へ引き込まれ気が付くと自分は海の中にいる。
何とか大事な道具類が入ったバッカンを掴み手繰り寄せる。
それを泳ぎながら岸に乗せようとするが高波に揉まれながらなので中々、上手くいかない。
ウェダーの中には海水が、どんどん入り身体が重くなっていく。
更に泳ぎ難くなる悪循環。
溺れそうになる寸前で何とか拾える荷物を岸に押し上げる。

そして自分の身体を磯へ上陸させる。繰り返す高波に翻弄されながら数度目のトライで何とか這い上がった。
息も絶え絶えに安全な場所に倒れ込む。助かった。
暫し呆然。
気を取り直し確認すると頭に付けていたヘッドライトは無くなり、タモは真っ二つにへし折れていた。
後から冷静に振り返ると何と無謀な行動をしでかしたのだろう。
一歩、間違っていたら命は無かったかもしれない。

そんな体験からウェダースタイルは止めた。またタモは機動力の妨げになるので持たず。荷物も極力抑え身軽な装備で磯には立つ様にしている。↓